学校概要

つくば開成学園高等学校は、
個人として、地域の一員として、
人々に愛される社会人として、
国際社会の中でたくましく生きられる人材の
育成を目指しています。

理事長挨拶

理事長

つくば開成学園高等学校は、多くの方々のご支援により、平成29年4月開校となりました。本校は、個人として、地域の一員として、人々に愛される社会人として、国際社会の中でたくましく生きられる人材の育成を目指しています。
また、本校は皆さんがどんな状況・環境にあっても、いつでも学べる学校でもあります。生徒一人ひとりが自分のライフスタイルを大切にし、高校を卒業できる学習システムを積極的に取り入れています。自分らしく楽しい高校生活を実現したいと願う皆さん、大学・短大や専門学校を目標に頑張りたいと意欲に燃えているみなさんの入学を職員一同、歓迎いたします。

皆さんは今、それぞれに希望を抱き、様々な課題に直面していることでしょう。それらの課題に全力で取り組むことと、みなさん自身の可能性の扉を開くことは同じ意味を持っています。本校は、みなさんが夢の実現のために力いっぱい努力できる学習環境を整えています。みなさんの未来は、みなさん自身がその手で切り開くものです。その新たな第一歩を、ぜひとも本校で刻んでください。つくば開成学園高等学校は全力でバックアップすることをお約束します。

つくば開成学園高等学校 理事長糸賀 修

校長挨拶

校長

目まぐるしく変化する社会の中で、自分を見失い、不登校になる生徒や将来が見えてこない若者が大勢います。こうした状況の中、通信制高校の担う役割が増しているように思えます。

本校では、「FACE TO FACE」の教育を学習指導・生活指導で実践し、生徒たちが「確かな学力」「豊かな人間性」「生きる力」を身につけられるような環境を整えています。生徒たちは卒業した後、自分の力で生きていきます。そのためには、誰かに指示されたりするのではなく、自発的に行動し、自主的に参加できるような人材育成が必要です。
本校の教職員は生徒の立場に立って、生徒一人ひとりに応じた指導を常に心がけています。また、保護者や地域の方々のご協力をいただいて行う様々な学校行事やボランティア活動を通じて、生徒たちの自主・自律性を育めるよう全教職員が努力しています。

本校を卒業していく生徒たちが自らの手で得た知識や経験を活かして社会に貢献し、次の世代へとバトンをつないでいけることを切に願っております。

つくば開成学園高等学校 校長戸田 昇

副校長挨拶

副校長

1. 選択できる自分をつくる!
できるかできないかの選択ではなく、やるかやらないかの選択です。
何をやろうとするかの選択。そして選択される人になりたいものです。

1. 決断できる自分をつくる!
判断と決断は違います。思い悩み最終的に一歩を踏み出すことが決断です。
それは貴方自身がしなければならない最も大切なことです。
なぜならば、貴方がこれからの人生を生きていく主体だからなのです。

1. 目的・目標を探し続ける!
簡単に夢は見つかりません。しかし、貴方が探そうとしない限り見つからないのも夢です。
どんな自分になりたいのか、将来何をしていたいのか、探そうとし続ける姿勢を持ってほしいと願っています。探すことを諦めたら、その瞬間夢は絶対に見つかりません。貴方自身が貴方を諦めないことが大切だと思います。
そして、その決断力と責任を育むことのできる学校がつくば開成学園高校です。
自分の人生の選択力を共に築き上げていきませんか。
近い未来は高校卒業、遠い将来は貴方の夢の実現のために。
私たちは全力で貴方とともに歩み続けます。

つくば開成学園高等学校 副校長丸山 克彦
ページトップへ